同人ゲーム作家の挑戦記録とノウハウメモ

同人ゲームシナリオライターの挑戦日記&宣伝

スポンサーリンク

C96夏コミお疲れ様でした(反省と今後何をするのか作戦会議)

C96夏コミお疲れ様でした、振り返りと反省と

夏コミお疲れさまでした

俺は南館なのでそこまで甚大なダメージにはなりませんでしたが、猛暑、酷暑でお疲れの方も多いはず

ゆっくり養生してください

 

当スペースに来てくださったかた、本当にありがとうござました

新刊ありませんか? と聞いてくださったのも程よいプレッシャーで幸せでした

改めまして、ありがとうございました!

 

今回は、夏コミ反省と冬コミに向けて、またいろいろと考えるためにブログ書いていきます

 

夏コミ反省(売上は前回夏コミ、前回冬コミと比べても低下)

まずは、夏コミの反省から

売上は16500と前回の半分ぐらいでした、詳しくは以下の表を参照

 

VS2018年夏コミ(vol.06新刊で発売)

  2018夏コミ 2019夏コミ
  売数 単価 売上 売数 単価 売上
vol.01 8 500 4000 9 500 4500
vol.02 3 500 1500 3 500 1500
vol.03 4 1000 4000 3 1000 3000
vol.04 3 1000 3000 1 1000 1000
vol.05 3 500 1500 2 500 1000
vol.06 17 1000 17000 4 1000 4000
サントラ 1 500 500 3 500 1500
小冊子 0 200 0 2 200 400
  39 - 31500 27 - 16500

はい、こうしてみるとはっきりわかりますね

去年の夏コミがなぜ売れたのか?

それはね、新刊があったからなのです

新刊出せなかったもの、それはもう素直に売り上げ下がるよね

 

VS2018年冬コミ

  2018冬コミ 2019夏コミ
  売数 単価 売上 売数 単価 売上
vol.01 13 500 6500 9 500 4500
vol.02 5 500 2500 3 500 1500
vol.03 5 1000 5000 3 1000 3000
vol.04 4 1000 4000 1 1000 1000
vol.05 2 500 1000 2 500 1000
vol.06 9 1000 9000 4 1000 4000
サントラ 3 500 1500 3 500 1500
小冊子 0 200 0 2 200 400
  41 - 29500 27 - 16500

はい、2018年冬コミと比べても負けますね

ただ、売上については過去の傾向をちらっと見ても夏より冬のほうが売れるっぽいのでなんとも

 

ただ、対策しなきゃこのままずるずる減りそうなので何かしらの対策を立てます

 

冬コミに向けてどんな対策をするか?

はい、俺の一番苦手なのがここ

負けた原因というのを分析して行動を変える

それが全てなんですけど、短絡的な行動や無理な行動をあげてしまいがち

それで実際には「できなかったねー」となってあきらめる

こんなパターンが多すぎるんですよね

 

たとえば、新刊があれば売れるから新刊2個作ろうとか

新刊1個作るにも期間や現在の進捗から可能かどうか考えたらしんどいのに

 

じゃあ、どうするか?

もう少し敗因分析を別の角度にしてみようと思います

 

敗因分析のやり方を変えてみる(自分の負け筋は何か?)

ゲームに例えると、なんですけど

俺は最後に負けたシーンばっかり反省しちゃうんですね

でも、ゲームをやり続けて分かったんです

 

ゲームに負けることと、最後のシーンは直接的な関係はそこまで高くない

「どうあがいても絶望」な状況になったらそこから何しても逆転はしない

逆転できない状態まで自分が行ってから逆転の一手を探しても遅い

 

きっと、将棋やチェスなんかは、よりそういう特色が強いと思う

敗北しないために何するか? っていうのは、わりと大事

 

じゃあ、俺の負け筋は何か? 考えてみました

  1. 自分の制作したものの告知が足りない(ブログ1回、ツイート数回)のみ
  2. どんなゲームなのかの紹介が足りない
  3. 人がどんな風に宣伝しているのか知らない
  4. 人を応援しないのに自分は応援されようとしている

①は回数を増やす(+コピペで同じものを何度も垂れ流さない)

それと、ネタバレになるかもしれないけど…

公開していないイベントCGを公開する、シナリオのポイント抽出など

DAGGERプレイヤーが続きをやるかな…と思えるような話を見せるのがいいと思う

 

②①は一作目をやったお客さんへの訴えかけなのに対して、新規顧客へのアピールも足りない

じゃあ、何をすればいいの? というと、やっぱり人目に付くということだと思う

 

③と④はそもそも俺の問題

俺は、何度か矯正しているけど、油断すると一人で突っ走ろうとする

そのときに、周囲を見たりする余裕もないし、俺がこうしたほうがいいと思ったらそれだけで動いてしまう

でも、違う

他の人たちがどうしているか学ぶ必要がある

あわせて、ただ教えてもらうだけじゃなくて、だったら自分の知ってるものも持ち寄るべきだ

そういう考えをちゃんとして、一個ずつきちんとこなしていくのがいいと思う

 

もう少し人を応援する時間を取りたい

前にも何度かつぶやいて、数回はやって、それでも習慣にまで届いていないこれ

でもね、俺の周りにいるのはすごい人ばっかりなんだよ

 

動画を作ってるYoutuberの人だってすごい

イラストを描いている人だってすごい

声優の人だってすごい

 

その人たちの背中を押せるようになればいい

それとね、アイドルでもない人間の背中を一方的に押すってきっと大変だから

だったら、お互いに協力しあって頑張れるほうがいいから

 

だから、そういうことを意識していきたいと思います

 

それと、冬コミ新刊について

vol.07 リース編は間に合わないけれども、正妻戦争のドラマCD化とかしてみようかと思ってます

後は18禁音声作品を作ってるので、今までの音声作品もつめあわせで発売するかも

いろいろと考えてますが、手ぶらにはならないといいなと思います

 

今年の冬も申し込みしますので、よろしくお願いします