同人ゲーム作家の挑戦記録とノウハウメモ

同人ゲームシナリオライターの挑戦日記&宣伝

スポンサーリンク

同人活動で営業メール(迷惑メール)だけ送るマンにならないために気を付けたいこと

相手へのメールが営業メール(迷惑メール)だけにならないように気を付けたいこと【同人活動

読者のみなさま、ごきげんよー

同人サークル The sense of sightのBLACKGAMERです

 

知り合いから自分に届くメールが全て相手の利益が絡む話

自分の時間やお金を奪うだけのものだったら、なんていうか、がっかりしますよね

 

自分で分かっていることなのに…

俺のゲームをプレイしてほしくてレビュー依頼や宣伝メールを乱発しそうになった

そんな愚かな自分を反省するために書きとめておきます 

 

普通のメールと営業メールの決定的な違いは、主役の違いにある

書式や形式なども、それはもちろん違います

でも、本質的に一番違うポイントは主体が誰か?だと思います

 

普通のメールの場合には、あくまでも主役は送り先の相手なんですよね

メールで連絡を取るわけですから、相手のことを思って書くわけです

相手にまったく興味がないのに意思疎通なんてすることもないですしね

 

最近どうしてますか? だったり、最近こんなことされてましたよね、だったり

そんな会話の主役は、メールを送る相手です

 

でも、営業メールの場合、主役が送り主なんですよね 

こういうイベントがあって、こんなものを新しく発売して、だからあなたに連絡します

そこには送り主の都合しかなくて、相手のことを思う気持ちがあんまり(ほとんど?)ない

 

雑談がちょっと混じってればいいほうで、だいたいは直球で営利なお話

だから、メールを受け取った人も素直に喜ぶ気持ちになれないことがあるんですよね

 

古きよき風習 見舞いシリーズ

日本って、お見舞い大好きですよね

何かあるとすぐお見舞い!

今でも入院したりすると必ずお見舞いに誰が行くか話になったりしますよね

で、どんなものがあるのか、ちょっと調べてみました

  

  1. 暑中見舞(しょちゅうみまい)
  2. 火事見舞(かじみまい)
  3. 陣中見舞(じんちゅうみまい)
  4. 残暑見舞(ざんしょみまい)
  5. 寒中見舞雪見舞(ゆきみまい)
  6. 傷病見舞(しょうびょうみまい)
  7. 水見舞(みずみまい)
  8. 病気見舞(びょうきみまい)
  9. 寒見舞(かんみまい)

 

いやあ、過去の人もジャンル分けを大事にしてたって、はっきりわかんだね

これとこれは一緒にしちゃいけない精神って、昔からの伝統なのかな

ビバ細分化社会! にしても、どんだけあるんだよ…って話ですね

 

この中にはあがってませんが、メジャーどころだと年賀状も見舞いに近いと思います 

最近は、すっかり減ったし、見なくなったものやなにそれ? 系もあります

 

でもさ、昔の人がこれだけ好きだったんだぜ?

見舞いが大好きな日本人の血は変わらないでしょ

 

  • 見舞いたいし見舞われたい
  • 自分のことを気にかけていてほしい
  • 相手に覚えていてほしい

そんなお互いに気遣いしながらも満たしあいたい欲求

ずいぶん昔からの風習が流行したときと同じように、今も脈々と受け継がれていると思います


『かまってちゃん』だっていいじゃない

だって、かまわれたいし、かまわれたら嬉しいんだもの

 

だから、自分の都合で営業メールを送るよりも普段のコミュニケーションをもっと大事にしようと思います

 

相手にもっと興味を持って、何げない雑談を気楽にするところから始めたい

そして、相手が困ったり助けてほしいと思うことがあるなら、きちんとその時には自分の力を貸そう

そうして、コミュニケーションはつながっていくと思いますし、何かあったときに助けてもらえるのだと思います

 

コミュニケーションは、あくまでも双方向

どちらかが利用するのではなく、助け合いだということを忘れないようにしていきたいです

 

おまけ 全文コピペはほんと一発で分かる、あれは逆効果だと思う

形式の部分はいいと思いますが、完全コピペはやめたほうがいいと思います

営業メールなどは特にそうですが、特定の人間に向けていない手紙は送られたほうも分かります

 

もうちょっと、相手の顔を思い浮かべて書けば、それだけで送られてきた相手も、きっと喜んでくれるはずです

ただ、メールをもらったときには、返事を書かなきゃいけないのは大変だな…と思う人もいるので、必ず喜ばれるわけじゃないのにはご注意を

 

返事が来なくても泣かない

かわりに返事が来たときは、大喜びしましょう

 

最後に

そんな決意で、これからはもうちょっと人とのコミュニケーションにも気を付けてみようと思います

 

急に話しかける回数が増えたら、あーやってるやってると思ってください

ここに書いたのは、俺が今後気を付けていきたいことです

ああ、そうだな、と思って考える余地が少しでもあったら嬉しいです

 

勝手にスペシャルサンクス

人を「引き寄せる」彼と「引き寄せない」僕の明らかな違い。「ネット上おすそわけ」をしているか - 人生かっぽ —佐藤大地ブログ

今回の記事を書くにあたり、上のエントリーも素敵だなと思いましたので、あわせて紹介です

 

必要なものを必要な人に届け、届けられた人が嬉しいと思えば、そこからコミュニケーションは円滑になっていく

 

自分から声をかけていく、相手に喜ばれることをする、その二点が大事だと思います

こういう話は、いつでも気軽に出来るからいいですね

 

あわせて読みたい

誘われたら絶対に行く人ほど誘うのが苦手な法則を打破したい

考えすぎる性格を直したい人は、『前提』を変えてみませんか?

拝啓 俺の水着入りバッグをひったくり、俺を変態と自覚させたあなたへ、お元気ですか?